安かろう、悪かろうの安い引越し

新しい住居もきまりあとは引っ越し屋さんを待って引っ越しするだけの状態であった。

その引っ越し屋さんはどのように決めたのかというと、一括見積りサービスというサイトを利用してきめた。

そこがものすごく、なにがものすごいかというと、登録した瞬間(15秒後くらいかな)に登録した携帯電話がかかり、それ以来夜の22時くらいまで各業者(10社くらい)と交渉してた。たまたま休みの日だからよかったものの、仕事の日に会社から申し込んんでいたら、地獄だったと思う。で、最終的に決まった引越し屋さんは、『興進引っ越しセンター』というところ。結論から言うと500円でやってくれた(笑)やはりあいみつ(お互いの業者に見積もりを提出させて、ぎりぎりの勝負をさせていくような感じ!?)はおいしい!

まあそんな感じで500円玉をしっかりにぎりしめて、引越し屋さんを待っていたのだが、来ない!とにかく来ない!来るのが夕方と聞いていたが、来たのはすっかり日が沈んだ後だった・・・(夏の引っ越しだったので、夕方OKをしてしまったのが敗因だった)

遅れた理由を聞いたら謝ることはなく、この前にも2件ほどやっていて少し遅れたとのこと。こちらは何と言っても500円のワンコイン!ただひたすら低姿勢を取らざる負えない雰囲気になっていた。その引越し屋さんは2人とも初老に近い人たちで荷物を運ぶのにうわーうわー、ヒーヒーと悲痛な叫び声をだしながら作業をしていた。うちが3件目だからお疲れなのか、初老だからなのかは分からないが、おそらく両方かなと思った。近所の人もその叫び声におもわず出てきて見に来るぐらいすさまじかった。そんなこんなでこちらも手伝うことになり。できる範囲のことは手伝った。ワンコインなので・・・

搬入搬出は、冷蔵庫にでかい凹みがついたくらいであとは普通だった。

かかった経費は缶コーヒーとリポDそれぞれ2本と引っ越し代金500円、コスパは最高だったと思う。冷蔵庫の凹みさえなければ・・・

初めての引越し業者。とても満足でした。

私は今までに一人暮らし、家族の引っ越しと数回経験した事がありましたが費用の関係上いつも自分でトラックをレンタルして友人や会社の同僚に手伝ってもらい引っ越しをしていました。

結婚をして子供も生まれ家具や家電が増え、そのタイミングで仕事の都合で市外に引っ越すことに。

さすがに素人で運べるような物ばかりではなかったし、エレベーターのない4階に引っ越すことになったので人生で初めて業者に依頼することになりました。

しかし、情報が少なかった私はインターネットで調べるもどこの業者を選んだら良いのか分からず、よくある一括見積りを利用し何社かの見積りをとることにしました。

希望としてはなるべ費用は少なくし、なおかつ丁寧で信頼性のある業者さんを希望していました。

見積りを依頼したあとの業者の営業にまず驚かされました。嵐のような電話営業です。

私が引っ越す予定が引っ越し屋さんのシーズンオフだったせいなのかどの業者も必死になって(サービスしますや米をプレゼントなど)営業してきたのはある意味コワかったです。

どの会社も一度、訪問して見積りさせてくれということで数社の見積りを依頼した業者の中から更に電話対応やネットの書き込みでよさげなところをピックアップして訪問してもらう事に、一番最初に来た営業マンに圧倒的なトークに呑まれ即決することに。

金額も想像以上に安かったし、対応が早いところが決めてでした。

引っ越し自体も丁寧に対応してもらったししかも早いし業者さんがみんな元気あって礼儀正しくて(あたりまえだろうが)費用が安いわりに細かい気配りや配慮があり大変満足した引っ越しになりました。

アート引越しセンターなら安い引越しができるはず

以前引越しを行った際、アート引越しセンターを利用して行いました。正直なところ、どこの業者でも良かったのですが、大好きなディズニーの箱を取り扱っていたので選びました。

引越しまでの日々は、毎日のように徹夜で荷物を片付けたりして、ドタバタしたまま引越し当日を迎えました。
きっと一人暮らしの中では荷物は非常に多かったと思います。

無駄な荷物が多かったと言いますか、引越し後に捨てた荷物も多かったので無駄な運搬になってしまった点もあったと思います。
しかし、この”無駄”な荷物があった為にすごく後悔の残る引越しになってしまいました。

それは、事前に自転車があることを伝え忘れていたため、トラックに自転車のみ乗せることが出来なかったのです。

担当された方は、スペースがあれば乗せると言ってくれたのですが、無駄な荷物を多く先に入れてしまったために、自転車を入れることが出来ず、まさかの展開に雨の中、自転車で1時間かけて引越し先まで行きました。

当然ながら、担当の方は先に着いてズット作業が進まないまま待っていたのですが、連日の徹夜生活と雨に濡れ過ぎた為、体調が悪くなり引越し当日に寝込むかたちになってしまいました。

新たな気持ちで新たな場所での生活を楽しみにしていたのですが、スタートから最悪だなと思っていました。

しかし、担当の方が荷物を運び入れてくれる度に、体の心配をしてくれたり、すごく気を使っていただき感謝してます。

最後に担当リーダーの方とお話をした時も、ホント最後まで優しい方達だと感じ、気持ちのいい引越しを無事に完了することが出来ました。

引越し業者を選ぶのなら安いだけではなく、人がらがやっぱり重要ですね。

安い引越し単身パックの比較

良い引越しができますように!

引越し前の最小限で不便な生活

幼少期から一人暮らしの時期、そして今に至るまで、幾度となく引越しを経験しました。親の転勤、マイホーム完成、上京、お隣さんとのトラブル(による転居)、結婚、出産・・・。引越しのたびに家族構成や新居までの距離、荷物の多さなどはもちろん違いましたが、すべてにおいてあるのは「引越し前の最小限で不便な生活」です。

引越し当日が近づくにつれ、家の中に口の開いた段ボール箱が増え、キャビネットやボックスが消え収納物が床に直置きに。

テレビやコンポといった嗜好の電化製品は柔らかい布にくるまれ、お皿やカラトリーがプラスチックや紙製品に。梱包から荷解きまですべてやってくれる引越しサービスもありますが、当日までじっとしていられないので、いつもある程度は自分たちで荷造りしてしまいます。

荷造りは出番の少ないオフシーズンのアイテムや飾り物、思い出の品、予備や在庫品などから始めます。段ボールに詰めると同時に、その段ボールを置いておくスペースも必要なので、部屋ごとに進めることが私のルール。

一番最後に手を付けるのが、文房具屋工具、食材や調味料類、水回りのアイテム、カーテンです。料理をする暇や器具も少なくなってくるので、引越し直前は外食やお惣菜が増えるのも必至です。段ボールだらけになった家の中で、そばにあるのは家族の姿と生活に必要な最小限のもの。

このつつましく不便な生活は、新しい生活への期待とそれまでの暮らしのムダや贅沢さを感じさせます。

3度の引っ越しで良かったのはサカイさんでした

私は引っ越しを3度しております。一度目は結婚を機に一人で住んでいたアパートから新居先のアパートへの引っ越しをしました。一度目の引っ越し時は、レンタカーのトラック一台、丸一日を借りて、両親も手伝ってくれ、自分たちでの引っ越しをしました。家具の下にバスタオルを敷いたり、家具が傷つかないよう梱包をしたり気を付けて運搬しました。

二度目はアパートから賃貸マンションへの引っ越しです。この時も私の両親にお願いをしてレンタカーのトラックでの引っ越しをしました。段ボール等はないですが、細かなものは分類して45リットルのごみ袋にまとめ、運びました。家族だけなので気を使うこともあまりなく、自分たちのペースで作業できるのでとても気軽に引っ越すことができました。

3度目の引っ越しは賃貸マンションから一戸建てへの引っ越しになります。
こちらは引っ越し業者さんにお願いをして引っ越しをしました。
というのも、2階がリビングのため、冷蔵庫や大型家具の搬入にやはり専門の業者さんにお願いするべきと考え、業者さんにお願いをしました。

3件見積もりをとり、一番お安く安心できると考えたサカイさんに決めました。
サカイさんと交渉成立後がとても早かったです。早速段ボール10個を置いていってくれ、1か月後の引っ越しに向け、梱包作業を開始しました。足りなくなったら即段ボールを持ってきてくれるし、何事もとても迅速でした。

特に大変と思ったことはありませんでしたが、自分で梱包することを選んだので梱包作業、家具も冷蔵庫も中身を空にすることでしょうか。

よかったことは、他社さんより金額を安くしてくれたこと、契約後も迅速に対応していただいたことです。逆に悪かったところは、搬入時に若干ですが壁紙に色がついたので、少しのかすりであまり気にはなりませんでしたが、もう少し丁寧に運搬できればと思います。

最後に搬入後10分間点検の時間があり、そこで私は洗濯機のアースの取り付け方がわからなかったのでその時間にアースの取り付けをおねがいしました。

使用済みの段ボールも後日回収にきてくれたので、自分で資源ごみにだす手間もなく、嬉しかったです。
作業員の方はとても素早く丁寧に対応してくれて、とても安心して良い引っ越しの思い出となりました。